国吉城主若狭武田氏蜂屋越中守勝久は越前朝倉氏の攻勢に最後まで抵抗し、織田信長の朝倉攻めでは、敦賀進行の中継所となり、金ケ崎の退き口では信長の帰京を援けた。椿峠から若狭道を扼す堅城であった。
若狭国国吉城と栗屋勝久
国吉城は越前国敦賀から若狭国に入る丹後街道の要所にある。(福井県美浜町佐柿)弘治2年(1556)築城の山城である。当時の若狭守護武田氏の支配下にあり、城主は重臣粟屋越中守勝久であった。武田氏内部分裂、衰退後も越前朝倉氏に抗し、永禄6年(1563)から数年にわたって籠城戦を戦い抜いた。丹後街道を扼する位置にあり、若狭国防衛の前衛となった。椿峠に連なる通称城山の頂上(標高197.m)に本丸があり、北西の椿峠まで階段状の曲輪を造成して守りを堅くした。若狭武田氏滅亡後、元亀元年(1570)織田信長の越前攻め、金ヶ崎退き口の中継基地となった。栗屋勝久は丹羽長秀の下で若狭衆として活躍する。再度の信長軍の越前侵攻(刀根坂の戦い)に参加、一向一揆討伐には海上軍として攻めた。その後、城主は代わったが、一度も敵に奪われることもなく、江戸期に入り、一国一城令によって多くの山城と同じく廃城になる。 越前朝倉氏は丹後街道を扼する国吉城を攻略すべく攻撃を重ねた。国吉城の周囲に攻撃のための付城を築き、執拗に攻めたが、栗屋勝久はゲリラ戦でよく耐えた。

国吉城歴史資料館国吉城籠城戦動向図
国吉城と居館発掘

本丸への道

国吉城測量図(クリックで拡大図)
国吉城歴史資料館展示より

伝 二の丸跡
国吉城も中世戦国期の城に多く見られる、戦闘用の山城と日常生活のための居館が一体になったものである。

居館跡発掘現場
本丸まで500m所要時間30分、遊歩道整備されている。本丸への道はつづら折りが続き、急斜面が多い。往時、この急斜面は投石による防御を有効にした。その名残りのように落石が散在する。本丸から北西椿峠に連なる馬の背の尾根には階段状に曲輪が設けられていた。椿峠から本丸への攻撃を困難にさせていた。 本丸からは丹後街道はもとより東の敦賀、西の若狭方面を展望でき、南方は険しい山並が続く。また、周囲の小山に砦を築き防禦線を固めると同時にゲリラ的な攻撃をスムーズにさせている。
椿峠に続く曲輪跡

発掘された石垣

発掘現場
国吉城周辺

国吉城東方


朝倉方付け城
国吉城資料館と佐柿の町
現福井県美浜町佐柿は国吉城の城下町として起源するが、豊臣政権下、木村常陸介定光によって宿場町、行政の中心として町割りが行なわれた。(天正11年1583)税金・使役の免除によって近隣の民衆が集められ、寺社も集められた。慶長5年(1600)若狭領主になった京極高次は丹後街道の住要地として関所を設けた。その後寛永11年(1634)、小浜藩主となった酒井忠勝はこの地に町奉行を設置して三方郡一帯をを治めた。今も佐柿はその面影を残している。

佐柿全図

国吉城歴史資料館展示ジオラマより

普光山青蓮寺

小堀家住宅

徳賞寺
栗田勝久の墓所

TOPに戻る
通 史 気比神宮  敦賀の神々 敦賀の村と浦 敦賀今昔  歴史年譜 原始・古代  縄文の時代  北の海っ道 
弥生の世界 敦賀の原像 渤海使 古代街道 鹿蒜道 木の芽古道 今 庄 深坂古道 七里半越え
黒河越え 中 世 中世の敦賀  南北朝争乱 国吉城  金ヶ崎退き口 刀根坂の戦い 越前一向一揆 賤ヶ岳の戦い
大谷吉継 近 世   北国の都 近世の文芸 敦賀の仏教 本州横断運河 水戸天狗党   近 代(戦前 明治維新
戦前敦賀港 敦賀の鉄道 人道の港 )近 代(戦後)  戦災と復興 戦後敦賀港 敦賀の電車 道路の近代化 原子力発電所
敦賀の未来 名勝・地史 気比の松原 中池見湿地